「みらいEarth」・「THE ASIA 5G」などを新たにレーティング(1年)

ニュース
配信元:NTTデータエービック
投稿:2021/03/05 10:00
「みらいEarth」・「THE ASIA 5G」などを新たにレーティング(1年)

2021年3月より、新たに15本(ETF除く)のファンドのレーティング(1年)が開始されました。
>>レーティングについて
 
内訳は、
★★★★★  2本
★★★★      5本
★★★          6本
★★              1本
                 1本
 
2020年2月の新規設定は30本あり、そのうち15本のファンドのレーティングが、2021年3月から新たに開始されました。

 

レーティング★★★★★のスタートとなったのは、「クリーンテック株式&グリーンボンド・ファンド(資産成長型)(みらいEarth成長型)」と「クリーンテック株式&グリーンボンド・ファンド(予想分配金提示型)(みらいEarth分配型)」の2ファンドです。

グリーンテック関連企業とグリーンボンドへの投資比率をそれぞれ50%程度とする、国際バランス・安定成長型のファンドです。

 

グリーンテック関連企業とは、環境にやさしい輸送手段の利用、代替エネルギーへの移行、より健康的な食生活と持続可能な食糧供給の実現、水資源の保全や再利用、廃棄物削減などを促す活動を事業の中心に据える企業をいいます。

グリーンボンドとは、二酸化炭素の排出量削減や再生可能エネルギー発電能力の増強など、環境にやさしいプロジェクト向けの資金調達を目的として発行された公社債をいいます。

 

次世代通信関連世界株式戦略ファンド(THE 5G)」のアジア版ともいうべき「次世代通信関連アジア株式戦略ファンド(THE ASIA 5G)」は、★★★★のスタートです。

 

【関連記事】

「野村未来トレンド発見ファンド」などを新たにレーティング(1年)

「アメリカン・ロイヤルロード」などを新たにレーティング(1年)

「米国IPOニューステージF」などを新たにレーティング(1年)

 

下の関連銘柄のレーティング(1年)は、直近月末の情報であり、本文中にあるレーティング(1年)と異なる場合があります。

配信元:NTTデータエービック

関連銘柄

順位 ファンド名 運用会社 レーティング (1年)
1
日 興
★ ★ ★ ★
2
大 和
★ ★ ★ ★
3
大 和
★ ★ ★ ★
4
カレラ
★ ★ ★ ★
5
野 村
★ ★ ★
6
三井住友トラスト
★ ★ ★
7
三井住友トラスト
★ ★ ★
8
三菱UFJ国際
★ ★
9
三菱UFJ国際
★ ★
10
三菱UFJ国際
★ ★
11
三菱UFJ国際
★ ★
12
Sストリート
★ ★
13
三井住友DS
★ ★
14
野 村
15
野 村
16
大 和

このコラムの著者

Original original ntt data abiclogo tate s
NTTデータエービック (エヌティーティーデータエービック)

投資信託の評価機関として蓄積した各種データをもとに、みんかぶ投信のニュースやレポート、コラムを執筆しています。また、投信会社を訪問し、話題の投資信託等のインタビュー記事など投資に役立つコンテンツを提供しています。

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ