シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第21回「純粋な気持ちで働ける日本企業へ」

インタビュー
配信元:NTTデータエービック
投稿:
シブサワ・レター  ~こぼれ話~ 第21回「純粋な気持ちで働ける日本企業へ」

シブサワ・レター ~こぼれ話~

第21回「 純粋な気持ちで働ける日本企業へ 」

 

日本資本主義の父 渋沢  栄一 から数えて5代目に当たる渋澤 健が、世界の経済、金融の “今” を独自の目線で解説します。

 

第21回のテーマは「純粋な気持ちで働ける日本企業へ」です。

 

 

 

謹啓 新春のお慶びを申し上げます。

 

常に視界に靄がかかったような状態のウィズコロナ生活に慣れてきた感じがしますが、やはり今年はすっきりとした青天を望みたいものです。

この二年間、特に大学進学や就職などの人生の新しいステージに入った若者たちが気の毒でした。オンライン事業やウェブ会議など、「デジタル」は機能として便利ですが、新たな人間関係をつくり、深めるには心身で体感できる「アナログ」な空間が大事です。


一方、どの時代でも「最近の」若者たちは、常に「最近の」新しい環境に適応する力があると思います。既存の固定概念から解かれているからこそ、過去でも現在でも、若者の存在が重要であり、彼らが活躍できる社会は活気ある社会になるのです。

コロナ禍は若者たちにとって厳しい現実であったことに間違いはないですが、そこから生まれた果実もあったようです。つまり、「コロナ果」です。

 

「コロナ果」という言葉は、読売新聞元文化部長で早稲田大学文化構想学部教授の尾崎真理子さんが指導されている演習の学生たちが発案した表現です。

就活の時期が3年生の秋まで早まった上にリモートで面接が進むなど、かなりの異変に戸惑う学生も少なくなかったようでした。しかし、学生たちが提出した「ポストコロナの文化」レポートを拝読させていただいたところ、新しい時代への希望の兆しも読み取れます。

 

例えば、『コロナ「果」の演劇』という題名でレポートを提出した大学4年生は、「「コロナ禍だから」と後ろ向きになるのではなく、逆にコロナ禍だからこそできること、コロナ禍によって実ったものは何なのかを考えるきっかけになった」ようです。

他に、「無観客ライブ」や「バーチャル博物館」というコロナによる色々な新しい工夫を評価しつつ、「展示物のオーラ」は変わらないという指摘、あるいは、「劇場は地域社会における『ハコ』ではなく文化から生まれる対話の連なりの『場』」であると、むしろリアルな体感に対する感度が高まったことを示唆する学生たちもいました。

 

このように感性が豊かな学生たちでありますが、彼らは「日本企業にかなり失望」しているようです。

その理由を問うと、それは就活を通じて見えた日本企業の姿が、「型にはめられる」とか「賃金が安い」などというイメージがあるからだそうです。

このような若者たちの懸念に、「彼らは若くて我慢できないから」と肩をすくめることしかできない企業は、新しい時代に乗り遅れるでしょう


我慢は日本人の美徳であることは間違いありませんが、その我慢が日本企業の競争力につながったというエビデンスは、直近の数十年では乏しいのではないでしょうか。

忍耐強く努力することは、「型にはめる」ことや既存の固定概念に囚われることではなく、自身の道理に反して口をつぐむことでもありません。また、ただひたすら我慢するのではなく、その先には何らかの形での報いが必要でありましょう。


先月、UTokyo Future TVというウェビナーのナビゲーターとして東京大学宇宙線研究所長の梶田隆章先生と対談いたしました。長年のご努力が、2015年にノーベル物理学賞の受賞につながった学者の方です。

無限の宇宙から降りかかっても、あまりに極小で何も反応せず、地球や我々の身体をすっと通り抜けて行くニュートリノという素粒子などに関する研究の第一人者です。

誰も見えないものをつかみに行くことをライフワークとして掲げていらっしゃる、その原動力についてご質問したところ、先生のお答えは「ただ知りたいという純粋な気持ち」でした。


また、その「純粋な気持ち」を支える環境に恵まれたことが世界級の成果へとつながったという示唆も重要であると感じました。言い換えると、研究者の「純粋な気持ち」を発揮できない環境を放置すれば、将来のノーベル賞日本人受賞者の数は、日本の競争力と共に世界から転げ落ちる一方になるという警告でもあります。

現に、2021年のノーベル物理学賞を受賞された眞鍋淑郎先生が、日本ではなくアメリカに研究および生活拠点を置かれている理由は、この「純粋な気持ち」を発揮できる環境をお選びになったからでしょう。


学生たちが就活で企業に失望するのは、同じく、この「純粋な気持ち」を支え、育んで、成長させてくれる環境がなかなか見つからないということではないでしょうか。

そんなきれいごとで食っていけるか」と切り捨てる前に、「純粋な気持ち」を発揮することを抑え込み我慢することが、日本企業の世界における競争力や存在感につながっていないこの数十年間の現実を直視すべきではないでしょうか。


食っていけることは生活で確保しなければならない最低限ですが、そもそも先進国であり文化国である日本において、「純粋な気持ち」を価値に転換できることこそが新しい時代に求められる道理ある企業です。道理ある企業とは、希望ある企業です。
 

このような希望を持ちながら、2022年を迎えたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



□ ■ 付録: 「渋沢栄一の『論語と算盤』を今、考える」■ □
『論語と算盤』経営塾オンラインのご入会をご検討ください。
 https://bit.ly/3uM0qwl


     「論語と算盤」道理ある希望を持て

 「道理ある希望を持って活発に働く国民」という標語は、
         概括的な言葉であるが、
     先頃ある亜米利加人がわが同胞を評して、
        日本人の全体を観察すると、
 各人皆希望をもって活発に勉強する国民であると言われて、
         私は大いに悦びました。
        私もかく老衰してはおるが、
      向後益々国家の進運を希望としておる。
   また多数の人々の幸福を増すことを希望としておる。

一年間通じて毎回視聴していた大河ドラマが終了し、ちょっと「渋沢栄一ロス」を感じています。吉沢亮さんを含めキャストの皆さん、制作関係者の皆さんのおかげで大変楽しませていただきました。道理ある希望を持て。つまり、「青天を衝け」ということですね。


   「渋沢栄一 訓言集」道理ある希望を持て

     人は未来の事に向かって是非とも
      理想を持つべきものであるから、
         たとえ違却するとも
  一定の主義に依って行うことが無ければならぬ。


道理と希望には、理想がある。理想は「きれいごと」だけではないと栄一は唱えています。

そして、「我慢」することより、「主義に依って行う」ことが、その理想です。


謹白

 

❑❑❑ シブサワ・レターとは ❑❑❑
1998年の日本の金融危機の混乱時にファンドに勤めていた関係で国会議員や官僚の方々にマーケットの声を直接お届けしたいと思い立ち、50通の手紙を送ったことをきっかけとして始まった執筆活動です。
現在は今まで色々な側面で個人的にお知り合いになった方々、1万名以上に月次ペースにご案内しています。
当初の意見書という性格のものから比べると、最近は「エッセイ化」しており、たわいない内容なものですが、私に素晴らしい出会いのきっかけをたくさん作ってくれた活動であり、現在は政界や役所に留まらず、財界、マスメディア、学界等、大勢の方々から暖かいご声援に勇気づけられながら、現在も筆を執っています。

渋澤 健

【著者紹介】
渋澤 健
シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役。コモンズ投信株式会社取締役会長。1961年生まれ。69年父の転勤で渡米し、83年テキサス大学化学工学部卒業。財団法人日本国際交流センターを経て、87年UCLA大学MBA経営大学院卒業。JPモルガン、ゴールドマンサックスなど米系投資銀行でマーケット業務に携わり、96年米大手ヘッジファンドに入社、97年から東京駐在員事務所の代表を務める。2001年に独立し、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社を創業。07年コモンズ株式会社を創業(08年コモンズ投信㈱に改名し、会長に就任)。経済同友会幹事、UNDP(国連開発計画)SDGs Impact運営委員会委員、等を務める。著書に『渋沢栄一100の訓言』、『人生100年時代のらくちん投資』、『あらすじ 論語と算盤』他。

 

【関連記事】

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第20回「良い会社は「人」に投資する会社」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第19回「「新しい資本主義」で日本の改革を導く!」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第18回「「新しい日本型資本主義」には日銀ETFの現物化」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第17回「これからの日本の天命とは?」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第16回「地球温暖化という世界的なチャレンジで日本もメダル獲得へ」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第15回「渋沢 栄一が泣いている!?」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第14回「日銀ETF問題の出口が大学ファンド」

シブサワ・レター~ こぼれ話~ 第13回「菅総理に提案する”グローバルヘルス”という戦略」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第12回「子どものためカーボンゼロのより積極的な目標設定を!

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第11回「ウェルビーイングへの声を上げよう!」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第10回「子どもたちと学ぶお金の使い方」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第9回「「DX」と「グリーン」が新しい時代を拓く!」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第8回「10兆円研究支援Fの意義」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第7回「良い日本のための3つのNGワード」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第6回「令和時代の未来は "メイド・ウィズ・ジャパン"」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第5回「なぜ、バフェット氏が日本株を買ったのか?」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第4回「"わかんない”は好奇心のスイッチ」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第3回「日本はSDGsでプレゼンスを高めるべき」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第2回「アフターコロナ 世界での日本の役割 」

シブサワ・レター ~こぼれ話~ 第1回「新型コロナ、最大のリスクは?」

 

...

配信元:NTTデータエービック

このコラムの著者

Original original %e3%82%b7%e3%83%96%e3%82%b5%e3%83%af%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d 8 1
渋澤 健 (シブサワ ケン)

シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役。

コモンズ投信株式会社取締役会長。

1961年生まれ。69年父の転勤で渡米し、83年テキサス大学化学工学部卒業。財団法人日本国際交流センターを経て、87年UCLA大学MBA経営大学院卒業。

JPモルガン、ゴールドマンサックスなど米系投資銀行でマーケット業務に携わり、96年米大手ヘッジファンドに入社、97年から東京駐在員事務所の代表を務める。

2001年に独立し、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社を創業。

07年コモンズ株式会社を創業(08年コモンズ投信㈱に改名し、会長に就任)。

経済同友会幹事、UNDP(国連開発計画)SDGs Impact運営委員会委員、等を務める。著書に『渋沢栄一100の訓言』、『人生100年時代のらくちん投資』、『あらすじ 論語と算盤』他。

投資信託ランキング

  • 人気
  • 売れ筋
  • 利回り
  • 分配金
  • つみたてNISAおすすめ
  • つみたてNISA利回り

ページTOPへ