instruction みんかぶ投信 使い方
生活基盤関連株式ファンド(ゆうゆう街道)
お気に入り(0件)
運用会社:アセットマネジメントOne
受託機関:みずほ信託銀行
分類:国内株式型-国内株式アクティブ型
リスク・リターン分類:値上がり益追求型
基準価額(2020/02/21) 前日比6円 (+0.04%) 14,486

基本情報

  • リターン(1年) 15.06%(152位)
  • 手数料(上限) 3.30%
  • 信託報酬 1.32%
  • 純資産額 18億700万円
  • レーティング ★ ★ ★

生活基盤関連株式ファンド(ゆうゆう街道)

のTOP

基準価額・純資産額チャート

1.1994年3月以前に設定されたファンドについては、1994年4月以降のチャートです。

2.公社債投信は、1997年12月以降のチャートです。

3.私募から公募に変更されたファンドは、変更後のチャートです。

4.投信会社間で移管が行われたファンドについては、移管後のチャートになっている場合があります。

同一分類ファンド

ファンド名 運用会社 レーティング リターン (1年) 基準価額
(円)
純資産額
(百万円)
日興エボリューション 日 興 ★ ★ ★ ★ ★ 18.48% 8,008
(02/21)
8,835
SBI日本・アジアフィンテック株式ファンド SBI ★ ★ ★ 16.56% 14,403
(02/21)
3,481
年金積立Jグロース(つみたてJグロース) 日 興 ★ ★ ★ ★ ★ 17.08% 26,388
(02/21)
28,418
J・エクイティ(K2000) 三菱UFJ国際 ★ ★ ★ ★ ★ 19.41% 9,234
(02/21)
6,210

運用方針

1. 国内外の金融商品取引所上場株式(上場予定を含みます)のうち、日常生活の基盤・しくみに関連する事業を営む企業の株式に投資を行うことにより、投資信託財産の成長を目指して運用を行います。

2. 「日常生活の基盤・しくみに関連する事業」とは、私たちの日々の生活や企業活動に欠かせない身の回りのしくみやサービスに関連する事業を指します。その代表的な例が、道路・水道・エネルギー・運輸・情報通信など、設備や施設などを活用した従来型の公共サービスです。

3. 国内株式の銘柄選定にあたっては、企業収益の安定性や成長性、財務基盤、経営力、流動性などを勘案して、投資魅力度が高いと判断される銘柄でポートフォリオを構築します。外国株式については、時価総額などを参考に銘柄を選定します。

4. 外国株式への投資比率は、トップダウン・アプローチにより機動的に調整し、外貨建資産については原則として為替ヘッジを行いません。

運用会社概要 2020年02月18日現在

運用会社 アセットマネジメントOne
会社概要 みずほフィナンシャル・グループの資産運用会社
取扱純資産総額 7兆7372億円 設立 1989年07月
  • ファンド概要

    設定年月日 2014/10/31
    信託期間 2024/10/31
    決算回数 年1回
    ベンチマーク -

    レーティング

    1年 ★ ★ ★
    3年 ★ ★ ★ ★
    5年 ★ ★ ★ ★
  • 手数料等

    販売手数料(上限・税込) 3.30%
    信託報酬 年率1.32%
    信託財産留保額 -

    費用明細 1万口あたり費用明細

    明細合計 204円
    信託報酬 174円
    売買委託手数料 30円
    有価証券取引税 0円
    保管費用等 1円
    売買高比率 0.02%

この銘柄を見た人はこんな銘柄も見ています

ファンド名 運用会社 レーティング リターン (1年) 基準価額
(円)
純資産額
(百万円)
DIAM新興市場日本株ファンド AM-One ★ ★ ★ 9.96% 67,318
(02/21)
11,903
東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン 東京海上 ★ ★ ★ ★ 19.91% 27,970
(02/21)
41,264
SBI中小型成長株ファンドジェイネクスト(jnext) SBI ★ ★ ★ ★ ★ 22.61% 34,178
(02/21)
6,783
厳選ジャパン AM-One ★ ★ ★ 8.80% 11,561
(02/21)
2,046

カスタマーレビュー レビューを書く


ページTOPへ