『 運用による資産増減額は大幅マイナス 』~2022年4月資金流出入状況から~

レポート
配信元:NTTデータエービック
投稿:
『 運用による資産増減額は大幅マイナス 』~2022年4月資金流出入状況から~

2022年4月の投資信託の概況が投資信託協会から発表されました。
公募株式投信(ETF除く)の設定額から解約額と償還額を差し引いた資金増減額は、2,959億円増となりました。

 

運用による資産増減額は前月の大幅プラスから一転マイナスへ

2022年4月の設定額は2兆1,162億円で、前月の2兆3,693億円に比べて2,532億円の減少となりました。

一方、解約額と償還額の合計は1兆8,203億円と前月の1兆6,395億円より 1,808億円増加しました。

結果、資金増減額は2,959億円となりましたが、過去1年では最も少ない額に留まっています。

運用による増減額は、前月の大幅増から一転、3兆3,534億円のマイナスとなっています。

過去1年の月間運用資産増減額を見ると、増加した月6か月、減少した月6か月と不安的な投資環境を反映した結果となっています。

投資信託全体の純資産増減に影響の大きい純資産総額上位ファンドについて、4月の純資産増減額と資金流出入額を調べてみました。

ファンド名 運用会社 分類

純資産総額

(百万円)

純資産増減額

(百万円)

資金流出入額

(百万円)

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型 アライアンス 北米株式型(無ヘッジ) 1,745,296 ▲96,349 62,794
eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 三菱UFJ国際 北米株式型(無ヘッジ) 1,160,012 ▲5,050 45,611
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型) ピクテ グローバル株式型(無ヘッジ) 1,035,008 32,003

328

グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)(未来の世界(ESG)) AM-One グローバル株式型(無ヘッジ) 882,025 ▲140,721 ▲15,728
フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし) フィデリティ 国際不動産投信型(無ヘッジ) 777,692 22,739 4,098
ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし) 大 和 国際不動産投信型(無ヘッジ) 751,394 13,381 ▲6,151
netWIN GSテクノロジー株式ファンドBコース(為替ヘッジなし) G S 北米株式型(無ヘッジ) 719,095 ▲71,622 7,310
投資のソムリエ AM-One 国際バランス・安定型 610,775 ▲10,929 ▲3,468
ダイワファンドラップ日本債券セレクト 大 和 国内債券・一般型 610,434 8,699 9,364
アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Bコース(為替ヘッジなし) アライアンス 北米株式型(無ヘッジ) 609,776 ▲20,291 23,687
楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式)) 楽 天 北米株式型(無ヘッジ) 549,782 ▲5,316 20,640
SBI・V・S&P500インデックス・ファンド(SBI・V・S&P500) SBI 北米株式型(無ヘッジ) 544,002 ▲5,658 18,028
東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)(円奏会) 東京海上 国内バランス・安定型 531,295 ▲9,792 ▲6,473
グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)(未来の世界) AM-One グローバル株式型(無ヘッジ) 525,266 ▲87,848 ▲6,782
新光US-REITオープン(ゼウス) AM-One 国際不動産投信型(無ヘッジ) 524,711 12,773 ▲5,382
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー) 三菱UFJ国際 グローバル株式型(無ヘッジ) 497,993 5,608 27,084
フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド フィデリティ ハイイールド債券型(無ヘッジ) 490,886 3,908 ▲3,632
アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Cコース毎月決算型(為替ヘッジあり)予想分配金提示型 アライアンス 北米株式型(無ヘッジ) 474,389 ▲70,212 ▲6,185
次世代通信関連世界株式戦略ファンド(THE 5G) 三井住友トラスト グローバル株式型(無ヘッジ) 451,387 ▲75,737 ▲5,967
ひふみプラス レオス レオス 443,703 ▲13,999 4,312

 

4月末の純資産総額上位2ファンド「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」と「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」は、4月の月間資金流入額でも1位と2位になっており、継続的に資金が流入しているファンドです。しかし、純資産総額が大きいこともあり、運用による資産減少額が資金流入額を上回り、純資産総額は大幅に減少しています。

純資産総額3位の「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」は、資金流入額は上位2ファンドに及びませんが、運用による資産増加額が大きく、4月の純資産総額は、320億03百万円増となっています。他に4月に純資産総額が増加したファンドには「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)」、「ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)」、「新光US-REITオープン(ゼウス)」、「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」などがあります。

投資対象は、株式、REIT、債券とそれぞれ異なりますが、インカムゲインの獲得を目指すことに主眼をおいた運用スタイルといった点は共通しています。

また、数年前は資金流入上位の常連ファンドであったことも共通しています。

その後、注目度は低下していたものの、昨年後半からの投資環境の変化で、存在感が増しつつあると言えそうです。

 

【関連記事】

『月間純資産増価額は過去最高を記録』~2022年3月資金流出入状況から~

『ロシアのウクライナ侵攻 投信純資産総額への影響は?』~2022年2月資金流出入状況から~

『国際株式型への資金流入鈍化』~2022年1月資金流出入状況から~

配信元:NTTデータエービック

関連銘柄

順位 ファンド名 運用会社 レーティング (1年)
1
大 和
★ ★ ★ ★ ★
2
フィデリティ
★ ★ ★ ★ ★
3
フィデリティ
★ ★ ★ ★ ★
4
AM-One
★ ★ ★ ★ ★
5
三菱UFJ国際
★ ★ ★ ★
6
三菱UFJ国際
★ ★ ★ ★
7
ピクテ
★ ★ ★ ★
8
SBI
★ ★ ★ ★
9
楽 天
★ ★ ★ ★
10
大 和
★ ★ ★
11
東京海上
★ ★ ★
12
アライアンス
★ ★
13
アライアンス
★ ★
14
アライアンス
★ ★
15
AM-One
★ ★
16
三井住友トラスト
★ ★
17
G S
18
AM-One
19
AM-One
20
レオス

このコラムの著者

Original original ntt data abiclogo tate s
NTTデータエービック (エヌティーティーデータエービック)

投資信託の評価機関として蓄積した各種データをもとに、みんかぶ投信のニュースやレポート、コラムを執筆しています。また、投信会社を訪問し、話題の投資信託等のインタビュー記事など投資に役立つコンテンツを提供しています。

投資信託ランキング

  • 人気
  • 売れ筋
  • 利回り
  • 分配金
  • つみたてNISAおすすめ
  • つみたてNISA利回り

ページTOPへ