New Face紹介 (2019年11月)

ニュース
配信元:NTTデータ エービック
投稿:2019/12/05 19:00
New Face紹介 (2019年11月)

11月に新規設定された公募株式投資信託は追加型40本、単位型2本の合計42本。
設定額の合計は934億円(概算)となり、前月から倍増しています。


設定額が最も大きかったのは「マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド(スマレバ)」の322億円。
当ファンドの最大の特徴は、最先端のシステムで24時間市場環境をモニタリングし、適切なリスク管理により、収益機会を追求するところにあります。
10%程度のリスク水準を維持しつつ、リスク水準に応じて資産配分し、効率的にリターンの獲得を目指しています。


第2位は「米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(クォーターバック) 」。為替ヘッジあり、なしの両コースを合わせて212億円の資金を集めました。
当ファンドは中長期的に米国株式(S&P500指数)を上回って推移してきたS&P500配当貴族指数の構成銘柄に投資します。
投資環境局面に応じて先物取引を活用し、実質株式組入比率を0%~200%程度の範囲で機動的に変更するシグナルチェンジ戦略を採用しています。


米国株式を中心に上昇相場が続き、高値警戒感も強いことから、リスクコントロールを前面に打ち出したファンドが人気の中心となっています。

 

設定日 ファンド名 投信会社 設定額
(百万円)
11月1日 日本債券ツイン戦略ファンド(SMA専用) 三井住友トラスト 92
マニュライフ日本債券ストラテジックファンド(SMA専用) マニュライフ 92
11月5日 楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360) 楽 天 872
グローバル超好配当株式ファンド(隔月決算型) 大 和 50
グローバル超好配当株式ファンド(資産成長型) 大 和 50
ブラックロックおまかせバランス投信 ブラックロック 26
ワールド・アクティブ・ボンド・オープン(為替ヘッジあり) 大 和 1
米国4資産リスク分散ファンド(年2回決算型) 大 和 1
11月6日 テトラ・エクイティ 三井住友DS 6,852
ボンド・ゼロトリプル(資産成長型) 三井住友DS 1,055
ボンド・ゼロトリプル(予想分配金提示型) 三井住友DS 962
11月7日 八十二信州応援日本株ファンド(がんばれ信州) 明治安田 422
11月8日 (年3%目標払出)のむラップ・ファンド(普通型) 野 村 59
(年6%目標払出)のむラップ・ファンド(普通型) 野 村 58
11月12日 マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド(スマレバ) 大 和 32,276
11月13日 One高配当利回り厳選ジャパン AM-One 200
11月15日 米国IPOニューステージ・ファンド<為替ヘッジあり>(資産成長型) 三菱UFJ国際 4,762
米国IPOニューステージ・ファンド<為替ヘッジあり>(年2回決算型) 三菱UFJ国際 1,969
米国IPOニューステージ・ファンド<為替ヘッジなし>(資産成長型) 三菱UFJ国際 637
米国IPOニューステージ・ファンド<為替ヘッジなし>(年2回決算型) 三菱UFJ国際 554
米国分散投資戦略ファンド(5倍コース)(USブレイン5) 三井住友DS 1,886
米国分散投資戦略ファンド(3倍コース)(USブレイン3) 三井住友DS 624
米国分散投資戦略ファンド(1倍コース)(USブレイン1) 三井住友DS 160
11月18日 ジャパン・アクティブ・ボンド・オープン 大 和 1
11月22日 YMFG未来共創ファンド(ハピネス) ワイエムAM 783
ウルトラバランス高利回り債券(年2回決算型) アストマックス 136
ウルトラバランス高利回り債券(隔月決算型) アストマックス 115
11月25日 バリューハント日本株 野 村 1
フューチャートレンド世界株 野 村 1
11月29日 米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(為替ヘッジなし)(クォーターバック) 三菱UFJ国際 14,791
米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(為替ヘッジあり)(クォーターバック) 三菱UFJ国際 6,448
ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2019-11 (プライムOne2019-11) AM-One 11,493
東洋・中国A株ファンド「創新」2019-11 損保J日本興亜 2,384
SBI米国小型成長株ファンド(グレート・スモール) SBI 854
One国際分散投資戦略ファンド(目標リスク8%)(THE GRiPS 8%) AM-One 1,549
One国際分散投資戦略ファンド(目標リスク6%)(THE GRiPS 6%) AM-One 618
One国際分散投資戦略ファンド(目標リスク4%)(THE GRiPS 4%) AM-One 497
One国際分散投資戦略ファンド(目標リスク2%)(THE GRiPS 2%) AM-One 40
UBS中国ハイイールド債券ファンド(年2回決算型・為替ヘッジなし) UBS 4
UBS中国ハイイールド債券ファンド(毎月決算型・為替ヘッジあり) UBS 3
UBS中国ハイイールド債券ファンド(毎月決算型・為替ヘッジなし) UBS 3
UBS中国ハイイールド債券ファンド(年2回決算型・為替ヘッジあり) UBS 3

 

 

【関連記事】

New Face紹介(2019年10月)

New Face紹介 (2019年9月)

New Face紹介(2019年8月)

投資環境に応じて組入比率がかわる「米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(クォーターバック)」が登場

ご当地ファンドのNewFace「八十二信州応援日本株ファンド(がんばれ信州)」

「マンAHLスマート・レバレッジは、322億円の資金流入」 11月資金流入額速報(推計値)

 

 

配信元:NTTデータ エービック

関連銘柄

順位 ファンド名 運用会社 レーティング (1年)
1
野 村
★ ★ ★ ★
2
三菱UFJ国際
★ ★ ★ ★
3
三菱UFJ国際
★ ★ ★ ★
4
三菱UFJ国際
★ ★ ★ ★
5
三菱UFJ国際
★ ★ ★ ★
6
AM-One
★ ★ ★ ★
7
三井住友DS
★ ★ ★ ★
8
三井住友DS
★ ★ ★ ★
9
SBI
★ ★ ★ ★
10
楽 天
★ ★ ★ ★
11
大 和
★ ★ ★
12
明治安田
★ ★ ★
13
AM-One
★ ★
14
AM-One
★ ★
15
AM-One
★ ★
16
三井住友DS
★ ★
17
三井住友DS
★ ★
18
三菱UFJ国際
19
三菱UFJ国際
20
三井住友DS
21
三井住友DS
22
ワイエムAM
23
野 村
-
24
野 村
-
25
野 村
-
26
大 和
-
27
大 和
-
28
大 和
-
29
大 和
-
30
大 和
-
31
SOMPO
-
32
AM-One
-
33
AM-One
-
34
ブラックロック
-
35
UBS
-
36
UBS
-
37
UBS
-
38
UBS
-
39
三井住友トラスト
-
40
ペイペイAM
-
41
ペイペイAM
-
42
マニュライフ
-

このコラムの著者

Original original ntt data abiclogo tate s
NTTデータエービック (エヌティーティーデータエービック)

投資信託の評価機関として蓄積した各種データをもとに、みんかぶ投信のニュースやレポート、コラムを執筆しています。また、投信会社を訪問し、話題の投資信託等のインタビュー記事など投資に役立つコンテンツを提供しています。

お知らせ

  • 現在お知らせはありません。


ページTOPへ