『2020年末の純資産総額は過去最高水準』 ~12月の資金流出入状況から~

レポート
配信元:NTTデータエービック
投稿:2021/01/18 17:45
『2020年末の純資産総額は過去最高水準』 ~12月の資金流出入状況から~

2020年12月の投資信託の概況が投資信託協会から発表されました。
公募株式投信(ETF除く)の設定額から解約額と償還額を差し引いた資金増減額は、3,953億円増となりました。

 

 

2020年末の純資産総額は過去最高水準に

2020年12月の解約額と償還額の合計は、2兆2,751億円と11月に続き高水準でしたが、設定額が2兆6,704億円と大幅に増加したことにより、3,953億円の資金流入となりました。

純資産総額は、資金流入額3,953億円と運用による資産増価額1兆6,451億円を合わせた額から分配金(2,474億円)を差し引いた、1兆7,929億円増加しました。

純資産総額は、2015年5月以来の70兆円台である70兆3,539億円で、過去最高水準となっています。

 

 

年間では1兆9,000億円の資金流入

2019年は、23ぶりの年間資金流出でしたが、2020年は、年間1兆9,031億円の資金流入となりました。

年前半には、世界的なコロナ感染拡大を受け評価額が大きくマイナスと月もありましたが、その後は持ち返し、年間では、資金流入と運用評価額の増加により、純資産総額は3兆7,913億円増加しています。

 

公募株式投信の資産増減額状況(除くETF)

 

年間の資金流入額上位10ファンド(2018年~2020年)

米国およびグローバル株式型のファンドが資金流入の中心であるのは、2018年から継続しているといえそうです。

2019年には、レバレッジ型バランスファンドも健闘しましたが、2020年は、より米国およびグローバル型ファンドへの資金流入が顕著になっています。

 

2018年は「モビリティ」「5G」「ロボティクス」「EV」などテーマ色がより鮮明に打ち出したファンドが目立つのに対して、2020年は「成長株」というワードが目立つようになっています。

特定のテーマに絞ったファンドは、成長をイメージしやすいため人気化する傾向がある一方で、移り変わりも激しく短命に終わる可能性があります。「成長株ファンド」なら、ポートフォリオがテーマや投資環境の変化に応じ成長力を有する企業に入れ替わっていくことが期待でき、長期投資に向いているともいえるでしょう。

 

2018年 資金流入額上位10ファンド

ファンド名 運用会社 分類

年間資金流入額

(百万円)

モビリティ・イノベーション・ファンド BNYメロン グローバル株式型(無ヘッジ) 293,368
日興FW・日本債券ファンド 日 興 国内債券・一般型

234,358

次世代通信関連世界株式戦略ファンド(THE 5G) 三井住友トラスト グローバル株式型(無ヘッジ) 223,008
ひふみプラス レオス 国内株式・フリー型 217,161
グローバル・ロボティクス株式ファンド(年2回決算型) 日 興 グローバル株式型(無ヘッジ) 198,404
フューチャー・バイオテック 三井住友DS グローバル株式型(無ヘッジ) 181,917
netWIN GSテクノロジー株式ファンドBコース(為替ヘッジなし) G S 北米株式型(無ヘッジ) 176,880
アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型 アライアンス 北米株式型(無ヘッジ) 163,358
グローバルEV関連株ファンド(為替ヘッジなし)(EV革命) 三井住友DS グローバル株式型(無ヘッジ) 155,881
グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(年2回決算型)(為替ヘッジなし)(未来の世界(年2回決算型)) AM-One グローバル株式型(無ヘッジ) 148,312

 

 

2019年 資金流入額上位10ファンド

ファンド名 運用会社 分類

年間資金流入額

(百万円)

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型) ピクテ グローバル株式型(無ヘッジ) 426,157
グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型) 日 興 国際バランス・成長型 339,838
グローバル・プロスペクティブ・ファンド(イノベーティブ・フューチャー) 日 興 グローバル株式型(無ヘッジ) 254,505
東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)(円奏会) 東京海上 国内バランス・安定型 228,850
グローバル3倍3分法ファンド(隔月分配型) 日 興 国際バランス・成長型 187,738
次世代通信関連世界株式戦略ファンド(THE 5G) 三井住友トラスト グローバル株式型(無ヘッジ) 167,117
東京海上・円資産バランスファンド(年1回決算型)(円奏会(年1回決算型)) 東京海上 国内バランス・安定型 160,251
ティー・ロウ・プライス米国成長株式ファンド(アメリカン・ロイヤルロード) Tロウプライス 北米株式型(無ヘッジ) 148,272
ダイワJ-REITオープン(毎月分配型) 大 和 国内不動産投信型 138,933
グローバル全生物ゲノム株式ファンド(1年決算型) 日 興 グローバル株式型(無ヘッジ) 112,740

 

 

2020年 資金流入額上位10ファンド

ファンド名 運用会社 分類

資金流入額

(百万円)

グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)(未来の世界(ESG)) AM-One グローバル株式型(無ヘッジ) 790,514
デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド(ゼロ・コンタクト) 日 興 グローバル株式型(無ヘッジ) 381,752
アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型 アライアンス 北米株式型(無ヘッジ) 307,117
投資のソムリエ AM-One 国際バランス・安定型 204,605
テトラ・エクイティ 三井住友DS 国際バランス・成長型 186,345
ティー・ロウ・プライス米国成長株式ファンド(アメリカン・ロイヤルロード) Tロウプライス 北米株式型(無ヘッジ) 183,407
netWIN GSテクノロジー株式ファンドBコース(為替ヘッジなし) G S 北米株式型(無ヘッジ) 171,383
アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Cコース毎月決算型(為替ヘッジあり)予想分配金提示型 アライアンス

北米株式型(ヘッジ)

169,496
GSフューチャー・テクノロジー・リーダーズBコース(為替ヘッジなし)(nextWIN) G S グローバル株式型(無ヘッジ) 160,140
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型) ピクテ グローバル株式型(無ヘッジ) 160,099

 

 

【関連記事】

『運用による資産増加額は過去最高』 ~11月の資金流出入状況から~

『純資産総額は引き続き減少』 ~10月の資金流出入状況から~

『米国株式の調整で純資産総額は半年ぶりの減少』 ~9月の資金流出入状況から~

 

 

配信元:NTTデータエービック

関連銘柄

順位 ファンド名 運用会社 レーティング (1年)
1
三井住友DS
★ ★ ★ ★ ★
2
三井住友DS
★ ★ ★ ★
3
BNYメロン
★ ★ ★ ★
4
日 興
★ ★ ★
5
日 興
★ ★ ★
6
日 興
★ ★ ★
7
日 興
★ ★ ★
8
G S
★ ★ ★
9
G S
★ ★ ★
10
アライアンス
★ ★ ★
11
アライアンス
★ ★ ★
12
東京海上
★ ★ ★
13
東京海上
★ ★ ★
14
三井住友トラスト
★ ★ ★
15
日 興
★ ★
16
日 興
★ ★
17
大 和
★ ★
18
AM-One
★ ★
19
三井住友DS
★ ★
20
Tロウプライス
★ ★
21
ピクテ
22
AM-One
23
AM-One
24
三井住友DS
25
レオス

このコラムの著者

Original original ntt data abiclogo tate s
NTTデータエービック (エヌティーティーデータエービック)

投資信託の評価機関として蓄積した各種データをもとに、みんかぶ投信のニュースやレポート、コラムを執筆しています。また、投信会社を訪問し、話題の投資信託等のインタビュー記事など投資に役立つコンテンツを提供しています。


ページTOPへ